事業内容

  • Top
  • 事業内容

エヌジェイ・エコサービスの取り組み

近年、一般廃棄物を含む廃棄物は処理施設で焼却処分されていますが、最終処分場の残余年数低減が社会問題化しています。この対応として廃棄物処理に溶融機能付きが多く採用されておりますが、施設から産出する溶融物(溶融スラグ、溶融メタル)を有効利用することが必須条件となります。このニーズにお応えするために、弊社はこれまで培った豊富な経験をもとに溶融スラグ・溶融メタルを全量有効活用し、資源循環型及び環境負荷低減型社会実現に向けて取り組んでおります。

溶融スラグ・溶融メタルの技術情報についてはこちら

溶融スラグの販売実績ナンバー1

弊社の溶融スラグ・溶融メタルは、新日鉄住金エンジニアリング株式会社が設計・建設をし、日鉄住金環境プラントソリューションズ株式会社が操業するシャフト炉式ガス化溶融炉から産出されています。
エヌジェイ・エコサービスはこの産出された溶融スラグ及び溶融メタルを流通させる専門商社として買い取った全量を販売しております。

全国の一般廃棄物溶融スラグ利用実績

エヌジェイ・エコサービスの溶融スラグは、一般利用(58.4万トン)全体の約32.2%(18.8万トン)を占めています。
※平成25年の利用実績 (出典:エコスラグ利用普及委員会)

全国の溶融スラグ発生量:80.2万トン

全国の溶融スラグ発生量

全国の溶融スラグ一般利用+施設内利用内訳

用途項目 比率(%) 利用量(万トン)
道路用骨材 39.2 26.6
コンクリート用骨材 18.2 12.4
地盤・土質改良材 10.1 6.9
管渠基礎材 3.2 2.2
埋戻し・盛土など 9.2 6.3
凍上抑制材 0.7 0.5
その他 19.4 12.7

一般廃棄物溶融スラグ販売実績

30の自治体様が保有するシャフト炉式ガス化溶融炉から産出される溶融スラグの全量を弊社が購入し、100%有効活用しています。(各用途については以下ご参照ください)

2015年度(平成27年度)実績

発生量 流通実績
コンクリート
製品用骨材
土木用 その他 合計
アスファルト合材 埋戻し材 路盤材 (小計)
約20万t 約53,000t 約54,000t 約63,000t 約22,000t 139,000t 約8,000t 約20万t

(単位:トン/年)

※埋め戻し材とは、下水道管、道路側溝等のクッション材等として利用したもの

溶融スラグ・溶融メタルの技術情報についてはこちら